Hanayume[はなゆめ]ウエディングデスク イオン木曽川店ブログ

Hanayume[はなゆめ]ウエディングデスク イオン木曽川店のアドバイザーブログです★

日柄ってなに?

こんにちは。
木曽川店のasaiです!

 

前回のブログでは、

サムシングフォーについてお話ししましが、
今回は結婚式を挙げるときに必ず通る「お日柄」について、
お話させて頂こうと思います♪

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
「お日柄」というのは「大安」や「友引」といった、
該当日の吉凶を表すものになります。
主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて用いられることが多いです。

お日柄には6つあります。
それぞれに吉凶を表す意味がありますので、
ご結婚式に関してのお日柄を一つずつ紹介させて頂きます♪


大安(たいあん)
「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日です。
終日万事が吉なので、
結婚式や結納は大安の日に行われることが多いです。

友引(ともびき)
昼は凶。午前、夕方、夜は吉。
大安の次に結婚式に適しています。
「幸せのおすそ分け」という意味で、
結婚披露宴の引出物を発送する人も。

先負(さきまけ)
「先んずれば即ち負ける」の意味。
万事に平静であることが良いとされ、
勝負事や急用は避けるべきとされています。
午前は凶だが、午後は吉。

先勝(さきがち
「先んずれば即ち勝つ」の意味。万事に急ぐことが良いとされます。
午前が吉で午後が凶。午前中から式を始めれば午後になってもOK。

赤口(しゃっこう)
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、
それ以外は凶とされます。

仏滅(ぶつめつ)
「仏も滅するような大凶日」の意味。
もしくは「物滅」として「ものを失う」の意で凶とされています。
六曜の中で最も凶の日とされ、
婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。
ただし終日凶とする説と午後からは縁起がよいとする説に分かれます。
※絶対ではありませんが、1年を通して仏滅の翌日はほとんど大安!

なので午後から運気が翌日に向かうということで

仏滅の午後から挙式を行う方もいらっしゃいます★


補足になりますが、
6つのお日柄のことを「六輝」または「六曜」と言います。

江戸時代に中国から伝わってきた占いがもとになっています。


いかがでしたか?


これからご結婚式をお探しいただくカップルの皆様は
一度お二人やご両親とお日柄のことについて、
事前に話し合って頂くと式場探しがよりスムーズになりますよ★


それでは今回はこの辺で!
ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ